loader image

オモテチョウひろばの芝生をハブラボKidsでこどもたちと一緒に張り替えました!

こんにちは、ライターろりちゃんです。

1月20日、オモテチョウひろばの芝生をハブラボに来てくれたこどもたちと一緒に張り替えました!

新しい芝生を敷き終わった上で新しいベンチに座って記念撮影

ハレノワオープンを盛り上げよう!ということで2020年から2年間かけてつくってきた「オモテチョウひろば」
散歩の休憩場所として使っていただいたり、

ハレノワでイベントがある日には前の歩道にキッチンカーが来て、そこで買ったものをひろばで食べる方をよく見かけます。

はじまりの説明でこどもたちに話す重藤組さん

完成から3年目ともなると芝生もだいぶくたびれてきて、ベンチも雨風に晒されボロボロ、

そこで「SDGs活動として何か提供できるものはないですか?」と声を掛けてくださった重藤組さんから新しい芝生とベンチを寄付していただきました。

古い芝生をこどもたちがはがしはじめたところ
巻いてある新しい芝生を子供達がひろげているところ

当日は元々の芝生をはがすのにも重くてどろんこになって一苦労…かと思いきやみんな喜んでどんどんはがして行き、

外だったのもあり元気にはしゃいで、新しい芝生を固定するのに100本以上の杭を打ち込む作業も楽しくこなせたようです。

あたらしいベンチを運んでいるところ 表町商店街のなか
新しい芝生に杭を打ち込んでいるところ
新しい芝生に杭を打ち込んでいるところ みんな一生懸命やっている

アートディレクターの深谷さんは

「町をつくる体験という大きな経験、自分の作った場で知らない人がくつろいでいる姿を見て嬉しかったり、町に愛着がわくといいなと思います。

ハレノワからシンフォニーホールをつなぐ表町で文化の発信をしようとしている方がたくさんおられる中で、ハブラボも文化や町をつくる活動を続けていきたいです。」

と語ってくれました。

できあがった作品。王冠などを使ってロボットのような人形ができている
出来上がった作品。木やプラスチックのナイフを使って恐竜ができている
出来上がった作品。毛糸やスポンジを使ってピカチュウと猫?イーブイ?を作っている
はつめいの時間、男の子の工作とそれを手伝う学生ボランティアのたまりん
出来上がった作品。造花やミシン糸の軸を使って動物?ポケモンのような作品。目が大きく小さな耳がついている
はつめいの時間、ミシンにを使う女の子2人とレイチェル
出来上がった作品。布でカードケースを作っている
出来上がった作品。ピタゴラ装置のようなものに見えるが…なんだろう
出来上がった作品。電気ケトルの部品などが使われている、全体的に白色、宇宙ステーションなのかも??

ぜひハレノワを訪れた際、近くをお散歩の際はオモテチョウひろばで休憩していってくださいね。

記念写真、みんな重藤組のキャラクターのマスコットを持っている
ろりちゃんロゴ
上部へスクロール