ぼくたちは数年前まで、人の前に出ず、しずかに目立たないようにしていたほうが良いのではないかと思って、そうしていた時期がありました。しかしそれは違うと、ある日決意しました。それは相模原の津久井やまゆり園の痛ましい事件や倉敷での大量解雇や政府の雇用率水増し問題など負の事件が多く起こったことによるものでした。だれかがいいました。「社長、僕は怖いんだ。なにもできないと思われるのが怖いんです。」と・・そこをきっかけに僕たちは変わりました。僕らがなにもできないと思われたままじゃ、僕らよりももっと大変な障害を持った人たちがもっと生きずらくなる。そんな世の中にしたくない。そう決めました。

 僕たちの使命はこれから日本が向かう共生社会、つまり「障がいがある無いに関わらず、共に助け合って社会の一員として生きていく社会」を、障がい者の真の声と姿を伝えることでよいものにしてもらう源になることです。

キャッチフレーズは「知ることは、障がいをなくす。」としました。

僕たちはいきいきと堂々と生きていきます。それが僕たちが存在する意味であり大きな仕事だからです。

これからも応援をどうぞよろしくお願いいたします。

PARAメッセージフェス 2018

「知ることは、障がいを無くす。」

を伝えるため、PARAメッセージフェスを開催しました。

共生社会をめざす「PARAリボン」

年齢や障がいの有無に関わりなく誰もがいきいきとした人生を送れる社会を共につくろうという願いをこめて作りました。




  New Topic  新着ニュース


  Member's Page  メンバー個人のページ

各々のアーティストたちが個人のプロフィールや作品へのこだわり、日常のブログなどを公開しています。


  CSR project  企業コラボレーション

私たちは企業や団体の「社会貢献活動のパートナー」になりたいと考えています。共同で商品を開発したり、企業の理念浸透やビジョンの実現の力になれればと考えます。お気軽にお問合せください。


地域の皆様に支えられてご愛顧いただいています。