2020年6月5日(金)に、日本マイクロソフトが事務局をつとめる「エンパワードジャパン」主催のテレワーク緊急ウェブセミナーに弊社の荒谷、馬場が登壇させていただきました。

「知ることは、障がいを無くす。」~障がい者就労継続支援A型事業所でのテレワーク活用~

2020年6月20日(土)KSB(瀬戸内海放送)「Newsジェニック」という番組で、ありがとうファームのテレワーク活用の取組みが放送されました。



テレワーク(在宅勤務)に切り替えたいけど、

  • どうやるのか、やり方がわからない。IT機器が必要なの?
  • 自治体への提出資料はなにが必要?作成方法も分からない。
  • テレワークでできる仕事って何だろう?

弊社は岡山市にありますA型事業所のありがとうファームと申します。

弊社は4年前からテレワークを実施しており、今年3月まではテレワーカーは15人でした。

しかし新型コロナの影響により4月16日に緊急事態宣言が全国拡大された関係で、全利用者の7割にあたる60人をテレワークでの勤務にスムーズに切り替え、経営危機を乗り越えました。弊社のテレワークは総務省から「先駆者100選企業」に選出され、2020年2月には日本テレワーク協会より「特別奨励賞」を受賞しております。

新型コロナウィルスの難局を乗り越えませんか?
必要資料全て「無料進呈」します!

解説レクチャーが必要な方はこちら

↑オススメのコースになっております。

テレワーク資料のみ

一式 無料進呈です!

資料のダウンロードは、申込後の自動返信メールより行えます。

<提供資料>

1.自治体への届け出資料・個別支援計画の書き方 *ポイント

2.テレワークの進め方カリキュラム

3.勤務管理・品質管理のやり方 *ポイント

4.達成度評価シート

*導入には費用は掛かりません!PCとスマホだけです。

テレワークノウハウレクチャー

一式 1万円(税込)

*オススメのコースになっております。

<ノウハウレクチャー>

約1時間で完了!

動画でテレワーク導入をご支援します。

スカイプをPCのデスクトップにダウンロードください。

フォローアップ(2ヶ月間)

2ヶ月 2万円(税込)

<フォローアップ>

電話、メール、ラインでの質問・相談の回答

※フォローアップはテレワークノウハウレクチャーを申し込んだ方に限ります。


導入事例

(B型事業所「わかたけ作業所」さんの場合)

*現在のテレワーク利用者

免疫抑制剤等を服用している利用者2名がテレワークを活用しています。

1名は事業所から近いので、1日に2回ほど職員が自宅に訪問し、作業の進捗や体調を確認しています。

もう1名はノートパソコンを提供し、メールで毎日連絡を取り合い、週に2~3回の頻度で職員が訪問し、内職の資材を受け渡しています。

*テレワーク導入のきっかけ

コロナウイルスの感染予防の為、元気なのに通所できなくなった利用者の方に対して何か支援できないかと考えたことがきっかけです。

なお、利用者の中には、コロナウイルス感染拡大以前からパニック障害等で通所はできないが利用登録を継続し、いつかは通所したいという方もおられました。

彼らに対して、自宅でできる内職を自分のペースで行ってもらい、完成したら作業所に持参して買い取る試みをしていたので、コロナに関係なくテレワークはある程度需要があると感じていました。

*テレワーク導入にあたり困難に感じたこと

①行政からの理解を得ること

当事業所のある市ではテレワークを取り扱ったことがありませんでした。

窓口に相談した時、行政はどちらかというと消極的で、本来ならば利用者は通所してほしいという事を一番に言われました。

その時にありがとうファームさんからいただいたテレワーク導入手順マニュアルを提示することで

 (1) テレワークを導入することで継続して支援できること

 (2) 通所できない方のみテレワークの対象者であること

をご理解いただけました。

 

②職員の意識を統一すること

テレワークという言葉を初めて聞いた職員も多く、まず「テレワークとは何か」から説明が必要でした。

また、テレワークになると通所してはいけない、通所しなくてもいいと勘違いする職員も多く、「来れなくなるのはかわいそう」などと言われることもありました。

職員に対して、テレワークを実施する事のメリットと必要性を理解してもらうために説明の時間を設け、テレワーク導入後も担当職員と個別に対話して、浸透させていきました。

*テレワーク導入後の感想

当事業所がある市では、テレワークを開始するためのマニュアルや書式もなく、何をどう始めたらいいのかわからなかったため、

ありがとうファームさんからの情報は具体的でわかりやすく、市の担当職員とも円滑にテレワーク導入の相談ができました。

また、事業所に行きたくてもいけないという利用者に対しても、テレワークという形で社会との接点を確保し、長期的な支援として有効な手段の一つになると思います。

各事業所でも障害特性を活かしたサービスを提供し、差別化を進めることが今後必要とされる事業所の在り方となってくると感じました。

さあ、始めましょう!

申し込みフォーム


 申し込みをする前に

「①【無料】テレワーク資料のみ」をご希望の方は、お申し込み後、自動返信メールにて資料をダウンロードできるリンクが記載されています。そちらより、資料をダウンロードしてください。

 

「 ②【1万円(税込)】テレワークノウハウレクチャー」、「③【3万円(税込)】テレワークノウハウレクチャー + フォローアップ(2ヶ月間)」をご希望の方には、すぐにサービスを開始しますので、1週間以内に下記口座にお振込みください。

 

【費用】

②【1万円(税込)】テレワークノウハウレクチャーご希望の方  1万円(税込)

③【3万円(税込)】テレワークノウハウレクチャー + フォローアップ(2ヶ月間)ご希望の方  3万円(税込)

※振込手数料はご負担ください。

 

【お振込先】

◆銀行名:中国銀行

◆支店名:岡山駅前支店

◆預金の種別:普通預金

◆支店番号:105

◆口座番号:2216724

◆口座名:株式会社ありがとうファーム 代表取締役 木庭康輔

 

メモ: * は入力必須項目です


株式会社ありがとうファーム

住所:岡山市北区表町3-7-5

TEL086-953-4446

担当者馬場拓郎

090-7779-8896

 

平日AM10時~17時まで対応可能