「おかやましんきんSDGsアワード2021」2年連続受賞!

 

 

みなさんこんにちは!インタビュー&ライターろりちゃんです。

 

最近テレビやインターネット、町を歩いていても「SDGs」を聞いたり目にすることが増えてきましたよね。

一昨年、会長が私たちの前で「SDGsに取り組もう!」と発表した時は

「SDGsってなんだろう?」と思ったメンバーも多かったのですが、

その頃と比べると、SDGsは様々な人に身近な言葉になったのかなと感じています。

 

一昨年の2020年よりたくさんの企業がSDGsに取り組まれている中、

おかやましんきんSDGsアワード2021で

ありがとうファームのSDGsは2年連続、賞を受賞することができました。

 

ありがとうファームは

・企業とコラボレーションし、新商品や新サービスを開発。

 (アイム・コラボレーションさんとのグループホーム「グリーンハーツ原尾島」、建房さんとの「誰ひとり取り残さない家」、OM機器さんとの防音ルーム)

・ハンディキャップアーティストの作品をパッケージのデザインや工事現場の仮囲いなど、企業のSDGs広報として使用。

・企業の廃材を材料として使用したワークショップ「ハブラボ」

・中小企業にSDGs経営に取り組むための講習会の実施。

この4つの取り組みで応募し、優秀賞に選ばれました!!

 

特に、

「知ることは障がいをなくす」のポリシーと

取り組みが今までにない斬新なアイディアで、今後も継続していくことができる

という点を高く評価して頂き、

2年連続で受賞はなかなかないことだそうです。

 

今後もありがとうファームは

現在のSDGs活動の継続と共に、パートナー企業を新規開拓して行き、

またその実績が見える形になるよう、応募などの活動もする予定です。

ぜひ応援よろしくお願いいたします!

 

 

ありがとうファームのSDGsについて、詳しくはこちらのページをご覧ください。