岡山芸術創造劇場愛称表彰式がありました

2021年8月25日、市役所は市長室にて岡山芸術創造劇場の愛称の表彰式が行われました。

岡山芸術創造劇場の愛称である“ハレノワ”、名付け親となったのは我が社の深谷マネージャーです。

深谷マネージャーは「非日常を意味する“はれ”と“晴れの国・岡山”から着想を得て、市民にとって

舞台空間が身近な楽しみになる動きが輪のように広がって欲しいと“ワ”の字を組み合わせました。

愛称と共に市民に愛される劇場になって欲しいと願っていますし、会社全体で岡山芸術創造劇場と関わる事が

出来て嬉しかったです。」と話していました。

名前の通り様々な芸術が後楽園の庭のようにハレノワに咲き誇る事を願い、ありがとうファームとの

関わりがもっと増える事を願って止みません。

 

ハレノワの開館まで約2年、開館を楽しみにしましょう!

担当者:Fey Ng