スーパーGTがありがとうファームにやってきた!!

ありがとうファームを支援していただいている新興工業様にチケットを頂き、

/11にスーパーGT観戦しました。

初めて聴くGTマシンの爆音と激しい競り合いを観てきました。

スーパーGT市販スポーツカーを改造し、GT300というクラスと、

ホンダ、トヨタ、日産の3メーカーがし烈な戦いを繰り広げる、GT500というクラスに分かれています。

 

舞台の岡山国際サーキットは抜きにくく、狭く、スピードの乗る、難しいコースです。

僕は父と最終コーナー付近に陣取りました。

が、僕は陣地変更し、最もスピードの乗る、バックストレートへ。

ここは高速コーナーを立ち上がり、スピードを乗せ、ブレーキを一気に踏み込み、

右へ曲がりながら下る、追い抜きには適したポイント。

 

9時45分、前座のレースがスタート。

前座レースはポルシェ911だけのレースです。

水平対向エンジン独特の低い、ブロロロッとした音が特徴的でした。

スピードを乗せて、目の前を、200キロ程で通過していきます。

ブオンッ、バリバリ、と目の前を通っていくポルシェ、頭がまっしろになります。

 

そして、二時前からスーパーGTの開幕戦、本レース。

今回、チケットをくださった、新興工業様がスポンサードしている、

ウェッズスポーツウィッシュバンドーレーシングというチームを応援しました。

予選12位、どこまでトップグループに近づけるか?

 

そうこうしてるうちにフォーメーションラップといって、サーキットを各車が一周し始めました。

そして、一周したあと、爆音を響かせ、各車スタート!!

GT500クラスを先頭にバックストレートへ飛び込んできます。

爆音と空気が弾けるような音が空気を震わせます!

そしてブレーキを各車踏み込み、一気に減速、そこから各車、ヘアピンコーナーを曲がり、下っていきます。

耳をつんざく爆音と空気が震えるせいで、耳の鼓膜が震えています。

300キロの長丁場を各車走り抜け、GT500のトップはトヨタ、300クラスは日産。

ウェッズポーツウィッシュバンドーレーシングは12位という結果でした。

 

 

そして、翌日………

 

なんと、バンドーレーシングのカントク、

坂東正敬(まさたか)さんと、3人のレースクイーンの方々が、

ありがとうファームに来られました!

坂東監督は、名門チーム、バンドーレーシングの監督です。

今年も、トヨタからGRスープラを走らせており、年間チャンピオンをめざしています。

まるで夢のような時間でした!

レース関係者の方と交流できるなんて夢のようです。

 

会社を一通り、見学されたあと、グリーンハーツのライブもみてもらい、監督と僕の右手を歌いました。

ブルーハーツのファンだそうで一緒に盛り上がりました。

また監督と握手し、一緒にツーショットまで撮らせて頂きました。

あっという間に、時間は過ぎていきました。

レース関係者と交流するという、夢が叶い、嬉しかったです。

取材:担当 戸川