高橋工務店さんに工事看板をご購入いただきました!

 

みなさんこんにちは!ライターろりちゃんです。

 

みなさんはありがとうファームのアーティスト堀本健嗣さんの作品

猫元猫江たちを使った工事看板をご存じですか?

 

知らない方のために…

こんな工事看板です!!

 

 

続きを読む

岡山中金ユース会議50周年式典でグリーンハーツライブ!

 

みなさんこんにちは!ライターろりちゃんです。

 

67日、グリーンハーツは商工中金岡山支店さんにご依頼いただき、

プラザホテルで行われた「岡山中金ユース会議 設立50周年記念式典」にてライブをしてきました。

 

ちょうどこの日は前日に会長の訃報がメンバーに伝えられた日で、

グリーンハーツの一員である私は「みんな大丈夫かな…」と心配でもありました。

 

しかし、集合してみると誰も悲しかったり辛いといった顔をしているメンバーはいませんでした。

本番も、頂いた時間を力強く笑顔で、全力で歌いました。

会長に安心して見守ってもらえるように、そして会場の皆様に楽しんでもらえるように。

そう思っていたのは私だけではなかったと思います。

 

歌唱中、笑顔で手拍子をしてくださる方はどんどんと増えていき、

最後の日曜日よりの使者を歌い終わった時は全員からの拍手をいただきました。

 

また、全曲歌い終わった後にアンコールをいただき、

拍手の中「よし、リンダでいこう!」と急遽決定。

予想外の出来事も楽しんで歌い切ったグリーンハーツ、

成長したなぁとステージの端でキーボードを弾きながら感じていました。

 

グリーンハーツはこれからも

 

「愛」と「勇気」と「感動」を届けるため歌います!!

 

 

続きを読む

クックチャムさんで配布のノベルティを制作!

 

こんにちは!インタビュー&ライターろりちゃんです。

 

突然ですが、みなさんは「クック・チャム」さんというお惣菜屋さんはご存じですか?

ありがとうファームとも縁が深いので「聞いたことあるなぁ」という方もいらっしゃるかと思います。

 

毎年周年記念のノベルティをありがとうファームに発注してくださるクック・チャム岡山目黒店さん。

そんなクック・チャム岡山目黒店さんの開店20周年記念ノベルティとして

委員長が生み出したキャラクター「たかし」をプリントしたランチバッグ120個と

果実工房さんとのコラボレーションで販売されているお菓子3点セット140セットが

528日に配布されました。

 

たかしランチバッグはシルクスクリーンという方法で、メンバー3名が1つ1つ手作業でプリントしました。

その中の1人、難波さんは

「集中して作業していると職人の仕事のような感じがして、こういう仕事もいいいね。と3人で話しました。

 仕上がった120個のランチバッグを並べてみると達成感を感じるとともに、

 擦れている所などそれぞれ違う特徴があり面白かったです。」

とインタビューに答えてくれました。

 

お菓子セットは果実グミ2種とデコボコショコラ1種の3点セットで

果実グミには堀本健嗣さんの作品、デコボコショコラには文屋優介さんの作品があしらわれています。

こちらのお菓子セットはCocoチームのメンバーが手際よくラッピングしてくれました。

 

また、このノベルティーにはありがとうファームクリエイターのAIさんがデザインしたタグが付いており、

AIさん自身も当日クック・チャムさんにご挨拶に伺いました。

自身の作品が実際に使われている様子を嬉しそうに見ていたそうです。

 

また、ノベルティを受け取って頂いたお客様にも喜んでいただき、

事前の告知ポスターを見て足を運んで下さった方もいらっしゃいました。

 

ありがとうファームではノボリを使ったカラフルなバッグや、Iamなどのオシャレなアクセサリーなど、

様々な商品を制作、販売しており、お世話になっている方やお客様へのお礼など、大口の受注も承ります。

また、これらの商品はありがとうファームで働く私たち障がいのあるメンバーの収入に繋がります。

 

「ありがとう」の気持ちと共に社会貢献もできるノベルティ、ちょっと気になりませんか?

 

 

続きを読む

岡山トヨタ新入社員社内研修会

 

6月16日(木)岡山トヨタから、新入社員17名を含む計19名の方々がありがとうファームにいらっしゃいました。

 

 

「岡山トヨタ新入社員社内研修会」と題し、中身は「まるっと1日ありがとうファーム体験ツアー」!

 

会社説明から全部署の見学、ランチにはありがとう飲食グループで食事。

午後からは、ボッチャ体験にハブラボ体験、メンバーとの白熱トーク、ありがとうの職員とトークやディスカッション。

 

はち切れそうなスケジュールに、当日のタイムテーブルも押し気味になったものの、いよいよ終盤の白熱トーク。

筆者もメンバーサイドで参加しました。

 

 

第一印象で驚いたことは、上記のような駆け足・終わりがけにもかかわらず、新入社員の方々の目と表情が明るく元気なことでした。

 

白熱トークが始まりしばらくすると、若々しい意欲に満ちた意見を聞くことができ、こちらも元気をもらえました。

ありがとうございます!

 

 

 

ありがとうファームには、沢山の方が見学にいらっしゃいます。

そんななか一際エネルギーにあふれた、記憶に焼き付く岡山トヨタの社員の方々でした。

また機会がありましたら、是非ありがとうファームにいらしてください!

 

続きを読む

eスポーツ社内予選会を開催しました!

 

 

 

今年もとある団体が主催するeスポーツの大会の季節がやってきました。

eスポーツとは何かと言うと、去年の記事を引用になってしまいますが…

eスポーツとは、『エレクトロニック・スポーツ』の略称であり、広義には電子機器を用いて行う娯楽・競技・スポーツ全般を指す言葉です。 つまりコンピューターゲーム(或いはビデオゲーム)を用いた対戦をスポーツ競技として捉える際の名称の事を言います。

その歴史を紐解くと、1980年代にコンピューターゲームが誕生し、数多くの大会が開催されていたそうです。

1990年代の日本は空前の格闘ゲームがブームになり、欧米ではゲームプレイヤーのプロ化の流れが出来て行きました。

2000年ごろにeスポーツという言葉が使われ始め、インターネットの普及を皮切りに各国でゲームのスポーツ化が加速し、大きな世界大会が各国で開催され、現在に至っています。”

 

 

今回は前回の大会よりエントリーしたチームが9チームと増加し、3チームごとの予選リーグ戦を行い、

予選トップのチームが決勝リーグに進むと言うルールの為、チーム人数が6人から5人に減り、より熾烈な社内予選会となりました。

社内予選会のルールは

・参加者全員の総当たりリーグ戦

・2先(3回試合をし、二本先取した方がその試合の勝者となるルール)制

・対戦時のキャラ変更可(但し、試合中のキャラ変更は不可)

・勝利数が同列の場合ラウンド先取取得数で順位が決定

と言うルールの中、7人の参加者はチームに入るため5人の席を狙う為に熾烈な戦いに身を置くことになりました。

 

 

前回のeスポーツ大会の選抜されたメンバーとほぼ変わらないメンバーとなりました。

私は前回のeスポーツ大会の選抜メンバー(今年は一身上の都合で棄権し、サポートに回っています)の所感ですが、

前回より非常に安定した立ち回り、丁寧なコンボと必殺技の繋げ方、

試合はコントローラーを使っているメンバーが多い中、一部メンバーはアケコン(アーケードコントローラーの略称で、アーケードマシーンと同じような感覚で操作できる、家庭用ゲームコントローラー)を扱う人もいて、

選抜メンバーに入ったメンバーとそうでもなかったメンバーもeスポーツへの情熱が感じられ、今回の大会本番が非常に楽しみなチームができたように思いました。

 

 

チームに選ばれたメンバーよりそれぞれメッセージを預かっていますので、紹介します。

 

前回もやっているアドバンテージと練習も有り、もっと練習をして自信を持って勝ちに行きました。

プロの試合を見たり、研究して、ありがとうファーム一のストリートファイター愛で勝てました!」 ダイスケさん

 

課題の多さを再実感しました。大会までにしっかりと向上していきたいです。」 ピロシキさん

 

まだまだ色々向上しないと… 本番までに頑張ります!」 webさん

 

久しぶりの格ゲーで緊張しました。 昔取った杵柄で代表入りしたので、真面目に練習しようと思います。」 JRさん

 

 

ー来いよ! 熱くさせてやるぜ!ー

 

 

 

続きを読む

【訃報】創業者・木庭寛樹が逝去いたしました。

 

株式会社ありがとうファーム創業者・木庭寛樹はかねてより病気療養中のところ、2022年6月3日0時40分に逝去いたしました。

 

木庭は、人が支えあい共に生き、文化が育つ街になっていくことを心から願って活動して参りました。

ありがとうファーム一同、意志を引き継ぎますます精進して参りますのでこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

生前中のご厚誼に深く感謝申し上げます。

 

 

また、葬儀の翌日にありがとうファームの臨時全体ミーティングを開催いたしました。

会長が亡くなった事をありがとうファームで働く障がいを持ったメンバーたちに伝えました。

メンバーたちも会長に対する感謝の想いを自分の言葉で発表する事ができました。

 

皆悲しんでいましたが、

会長からもらった沢山の贈り物を大切にしよう。

理念・使命を忘れず、毎日を一生懸命生きよう。

全国の障がいを持った当事者、支援者、家族を活動を通して勇気づけよう。

みんなで理念に向かっていくと、会長と永遠の約束をしよう。

とありがとうファーム120人で誓い合いました。

 

励ましとお悔やみの言葉をいただき、本当にありがとうございました。

天国の会長に恥じないように、これからもありがとうファーム一丸となって頑張って参ります。

 

今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

(ミーティングの録画です。よろしければぜひご覧ください。)

続きを読む

飲食チーム新メニュー特集

 

 

飲食チームより、新メニュー特集です。

 

続きを読む

たんぽぽの家の方が見学にいらっしゃいました!

 

2022年5月26日、たんぽぽの家の方が、ありがとうファームのアーティスト活動を見学にお越しになられました。

たんぽぽの家はさまざまな福祉事業を展開されている、奈良県などで活動されている団体で、

今回はその事業の一つである就労継続支援B型事業所のお二方がいらっしゃいました!

 

お越しになられた目的は、見学だけではありません。

 

7月にたんぽぽの家の企画で岐阜県で開催される「エイブル・アート展 ーアートの奥行きー」に、

ありがとうファームの仲間である伊藤士隼さんの作品が100人以上のなかから選ばれ、

展示作品を取りに来るためでもありました。

 

 

見学の案内役をした深谷さんによると、

「ありがとうファームのアートのバリエーションの多さ、また、地域の一員としてのあり方に感激しました!」

と感想があったとのことでした。

 

以前にも増して沢山の方がありがとうファームに来訪され、多くの方の心を動かしていることを感じます。

これからも「知ることは障がいを無くす。」を、アートをはじめとし、表現していきたいと思います!

 

▽「エイブル・アート展 ーアートの奥行きー」の詳細はこちら▽

https://tanpop/onoye.org/news/general/2022/05/052314786

 

▽たんぽぽの家のホームページはこちら▽

https://tanpoponoye.org/

 

続きを読む

宮下純郎e展 開催

 

こんにちは!ライターろりちゃんです。

 

ありがとうファームのクリエイターたちがとてもお世話になってきた

宮下純郎先生の絵画展が、525日から31日までKOTYAEにて開催されます。

 

宮下先生は、現・京都市立芸術大学を卒業後、

映画製作や広告デザイン、芸術の専門学校設立や短期大学講師など

県内外の美術分野で多彩に活躍された方です。

 

ありがとうファームができた2014年から昨年の冬まで

アートチームメンバーに様々なアドバイスをいただきました。

 

私もそのアドバイスを頂いたメンバーの1人なのですが、

技法や具体的なアドバイスも沢山いただいたなかで、

「いいね、この絵は楽しいね。」

とよく言ってくださったのが特に印象に残っています。

 

そんな宮下先生は会期中毎日、午後1時~4時の間在廊される予定です。

先生のイマジネーションから生まれた、様々解釈ができそうな作品たち。

ぜひ作品の解説や思いを聞いてみたいですね。

 

 

宮下純郎e

 

2022525日(水)~531日(火)

AM11:00~PM4:00

PM100PM4:00在廊予定)

 

KOTYAEにて開催

岡山市北区表町3-5-19

 

〇お問い合わせ先

ありがとうファーム

086-953-4446

 

 

続きを読む

アイムの家お客様感謝祭レポート

 

 

5月22日ドイツの森にてアイムの家とのコラボ事業の一つである、アイムの家お客様感謝祭に参加しました。

 

今回参加したお客様感謝祭はコロナ禍で中止が続き、なんと3年ぶりの開催で、

ありがとうファームはアート・プラバン・つづきのメンバー、そして木庭社長と参加し、缶バッジのワークショップをしました。

 

缶バッジマシーンはアイムの家が2つ準備してくださったのですが、

ありがとうファームで使う缶バッジマシーンとはサイズが合わず、台紙を作り直し、

アトリエのみんなに1000毎日も台紙を丸くカットしてもらいました。

 

塗り絵にはかなっぺのオリジナル作品を入れて感謝祭の準備をしていました。

 

アイムの家にお客様は1000名近く来場し、その殆どの子が缶バッジを制作しました。

暑い中、行列が出来、メンバーも社長も焦りまくる余り、缶バッジマシーンが壊れ、

その度にマネージャーのレイチェルが呼ばれるのを参加した子ども達が「缶バッジのプロ!?」と驚く一幕もあったようです。

 

 

続きを読む

果実工房からNAGICHOKOが販売されました

 

4月から岡山駅にある さんすてと倉敷美観地区内の果実工房店舗にて、NAGICHOKOが販売開始となりました。

 

このチョコのパッケージは一見するとシックに感じさせられますが、

かなっぺさん・橋本さん・グラさんの絵が使用されており、非常に華やかな雰囲気が溢れるパッケージが目を惹きつけられます。

 

きな粉やミルク等様々なフレーバーが12種類あり、その時の気分で選べるので、1週間頑張ったご褒美に如何でしょうか?

 

続きを読む

バイオリンとアコーディオンの演奏会

 

こんにちは!インタビュー&ライターろりちゃんです。

 

今月6日、プロのバイオリニストとアコーディニストの方の演奏を聴かせていただきました。

聴いていてワクワク楽しくなったり、うっとり心惹かれたり、とても贅沢な時間でした。

今回はそんな演奏会の話題です。

 

いらして頂いたのは

バイオリニスト 樋口 利歌さんと

アコーディニスト 檜山 学さん。

 

樋口さんは

ソロやユニットで弾くのはもちろん、ジュニアオーケストラやバイオリン教室などで指導もしている方で、

現在、瀬戸フィルハーモニー交響楽団の団員でいらっしゃいます。

 

檜山さんの演奏するアコーディオンは

指で押さえる場所が鍵盤ではなく丸いボタンになっている、世界でも奏者の少ないアコーディオンで、

ダンサーなど様々なアーティストとコラボレーションをしたり、舞台音楽を担当するなど、様々な場面で活躍されています。

 

曲は誰もが1度は聞いたことのある「オー・シャンゼリゼ」から始まり、

樋口さんのオリジナル曲や、檜山さんのソロ演奏、

そしてバイオリンの音が走り抜けるようなメロディーが有名な「Czardas」(チャルダッシュ)と

様々なジャンルの曲を演奏してくださいました。

 

樋口さんはリズムに合わせて揺れたり、時にはくるくる回りながら、とても楽しそうに演奏されていました。

オリジナル曲では、鳥のついたかわいいネックレスをつけられているなと思っていたら、それを使って鳥のさえずりを表現されたことに驚きました。

 

檜山さんの演奏は、軽快なリズムでウキウキしたり、

まるでヨーロッパのバーにいるようなロマンチックな気分になったり。

始めは小さい音のボリュームが徐々に上がって大きな音になった時は、その迫力に圧倒されました。

 

メンバーは真剣なまなざしで、あるいは音色に聞き惚れて。

手拍子しながら楽しく聞いたりと、会場が1つになっていました。

 

2人の演奏を聴いた後、

グリーンハーツと演奏を聞きに来ていたメンバー、マネージャーで

社歌「きみの花」を合唱しました。

樋口さんは涙を浮かべて聞いてくださっていたそうです。

 

アンコールは私たちへの激励として、情熱大陸を演奏していただきました。

これから、今まで以上に情熱を持って、そして見ている人を惹きつけ感動してもらえるようなライブを

グリーンハーツもしていきたいなと感じました。

 

 

 

続きを読む

ハピネス☆レインボーさんロゴ社内コンペ

 

こんにちは!ライターろりちゃんです。

 

ありがとうファームでは時々、企業さんとのコラボレーション作品を決める「社内コンペ」が行われるのですが

今回はこの春から活動を開始された「笑顔届け隊 ハピネス☆レインボー」さんのロゴ作品コンペのレポートです。

 

 

ハピネス☆レインボーさんは

みなさんの生活を「ハピネス」にするお手伝い!

として、

お年寄りの認知症予防活動、子どもたちやその周りの大人のカウンセリング、

地球温暖化やSDGsに理解を深めてもらうための楽しい講演などをされています。

 

 

そんなハピネス☆レインボー代表のファンキー健一とありがとうファームが出会ったのは

昨年参加したSDGs AICHI EXPO 2021                         

ステージに出演されていたファンキーさんがありがとうファームのブースを見て、後日連絡をくださいました。

 

「ありがとうファームのアーティストにロゴになる作品を描いて欲しい」

ということで

在籍するアーティストの作品集をファンキーさんに見て頂き、

橋本賢二さん、KAITOさん、ろりちゃんの3名が選ばれました。

 

ファンキーさん、きくデザイン制作室の久延フミカさん、選ばれた3名のアーティストでオンラインミーティングをし、

どんな雰囲気の作品が良いか、ファンキーさんはどんな思いでハピネス☆レインボーの活動をされているのかなどをヒアリング、

それを元に3人それぞれハピネス☆レインボーさんのイメージに合う作品を制作しました。

ファンキー健一さんも「1つに絞るのが大変心苦しい」とおっしゃるほど、

カラフルで明るく、見ていて楽しくなるような作品たちが出来上がりました。

 

そして、ロゴに採用されたのはこちらの作品です。

 

 

続きを読む

宇野駅観光案内所ありふぁーグッズ販売開始!

 

2022414日から開催される瀬戸内芸術祭に併せて、地元のアーティストを紹介したいと言う想いから、

412日から宇野駅観桜案内所にてありがとうファームのアートグッズとのぼりグッズが販売開始となりました。

 

4月末にはUNO HOTELにてありがとうファームタンブラーなども追加予定となっており、

アートを使用したグッズのメンバーの紹介やありがとうファームの紹介をして頂いています。

 

販売されているグッズはTシャツ・トートバッグ・ポーチ・タンブラー・キーホルダーとなっています。

 

続きを読む

古本市場さんとのコラボ第二弾★おもちゃ市!!!

以前のトピックスでご紹介した、古本市場さんとのコラボ企画「おたくじまん」。

 

今回はコラボ第二弾、その名も「おもちゃ市」★

古本市場さんで廃棄が決定したフィギュアやキーホルダー、ぬいぐるみ、タオルなどのたくさんのおもちゃ。それらをご寄付いただき、メンバー主導のイベントとして詰め放題企画を開催いたしました!

 

GWということもあり、ご家族連れをはじめたくさんの方で大盛況!

とても多くの方に楽しんでいただくこともできました!!

捨ててしまうはずだったものを新たに喜んでいただける企画でお客様の手に渡る…これも「作る責任、使う責任」の解決につながるSDGsなのです。

次の開催を期待くださる声もあり、嬉しい限りです(^^)

 

今度はどこで開催されるか!?

お楽しみにお待ちください!!(*^^*)

 

当日の様子はこちらから♪

続きを読む

私たちの「No War」

 

ご覧頂きありがとうございます、ライターろりちゃんです。

 

このトピックではいつも楽しくにぎやかな話をお届けしておりますが、

今回は今世界で起こっている大きな問題に対するありがとうファームの真剣な取り組みの話題です。

どうぞ最後までお付き合いください。

 

テレビやインターネットで報道されるロシアによるウクライナ侵攻。

今まで住んでいた場所から離れなければならない、戦地に送られ逃げることも許されない、昨日まで一緒にいた人がこの世にいない。

残酷で悲しい現状はネガティブな刺激に弱い私たちにとっても目を背け耳を塞ぎたくなるほど苦しいものです。

 

 

でも、それでいいのでしょうか?

 

 

自分には関係ない、と黙っていることは簡単ですが、

黙って見過ごしているということは「他国に侵攻しても問題ない」という意思表示とも取られます。

しかし私たちはそうは思っていないし、私たちの周りに居る方々もそうは思ってないはずです。

私たちは「戦争反対」の意思表示としてウクライナへの義援金を送ると共に、募金を始めました。

 

 

まず3月15日ありがとうファームの利益から14万円を「ウクライナ人道危機救援金」として岡山市保健福祉局に持参しました。

この義援金は赤十字社を通してウクライナに送られます。

https://www.jrc.or.jp/contribute/help/ukraine/

 

義援金の金額としては小さいものかもしれません。

ですが私たちひとりひとりがこの問題についてしっかりと考え、私たちを見た方にもこの問題について考えるきっかけになれば、

私たちの「戦争反対」の意思表示はもっとたくさんの方の「戦争反対」の意思表示につながるのではないでしょうか。

 

また、ありがとうファームの飲食店各店舗では募金箱を設置し、

募金して下さった方には缶バッジもしくはポストカードを1つ差し上げております。

こちらは今回のために作家が描きおろした作品を使用しており、

最低金額はありませんので、ご利用の際には募金にご協力いただければ幸いです。

 

 

いつも明るくにぎやかなありがとうファーム。

メンバーもマネージャーも社会や世界と真剣に向き合っています。

 

続きを読む

ホンダロジコム様がいらっしゃいました!

 

 

 

202232526日、ホンダロジコム様が遠方・愛知からありがとうファームにお越しくださいました!

 

 

 

 

ホンダロジコム様がお持ちのラジオコーナー番組の第1回~第4回にありがとうファームマネージャーが出演。

 

SDGsに積極的に取り組んでいる団体に焦点を当てた「your SDGs ~地球の未来~」というラジオ番組です。

 

 

さらに、映像としても楽しんでもらうことを目的として、ラジオに出演した団体を訪問・取材し動画を作成!

 

 

 

 

今回いらっしゃった目的は、

「ホンダロジコム公式」YouTubeチャンネルで配信予定である動画の取材・撮影のためです。

 

 

ありがとうファームでは、仕事内容ややりがいなどについて“生の声”を各部署のメンバーに取材。

 

また、プラバンチームからはホンダロジコム様のイメージキャラクターである「パンダロジコム」のブローチを

プレゼントしました。

 

 

 

 

すぐに襟もとにつけてくださった社長と、ブローチはとてもそっくり!

 

 

続きを読む

ヨビリンピックが開催されました

 

2022年4月12日コチャエにてアビリンピックの予選会とも言える社内予選会ーヨビリンピックが開催されました。

 

アビリンピックとは何かと言いますと、障害のある方々が日頃職場などで培った技能を競う大会です。

障害のある方々の職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々に障害のある方々に対する理解と認識を深めてもらい、

その雇用の促進を図ることを目的として開催する大会の事です。

喫茶接客部門・PCワード部門・PC表計算部門の3つの競技からなっています。

この大会に向けて、ありがとうファームでは社内予選会としてヨビリンピックを開催しました。

 

 

当社に『独立法人高齢・障害・求職者雇用支援機構』の方が3名見学に来られており、

当社と繋がりが出来たことで第一回ヨビリンピックの開催しました。

 

『独立法人高齢・障害・求職者支援機構』の3名と馬場副社長は喫茶接客部門でお客様役を、木庭社長は店長役として第一回ヨビリンピックを盛り上げてくださいました。

 

 

喫茶接客部門は来店したお客様と他のスタッフとの連携・協力しながら正確にスムーズに商品の提供が出来ることを目指し、

一人20分の制限時間が設けられていました。

 

PCワード部門は和文と英文の作成ですが、課題の文章をより分かり易くすることを目指し、

和文・英文共に一人50分の制限時間が設けられています。

 

PC表計算部門はデータ入力し、様々な関数を駆使し、グラフやデータを作成することを目指し、

一人80分の制限時間が求められています。

 

 

喫茶接客部門は10名参加し、上位5名が625日に開催される県大会に出場、

PCワード部門・PC表計算部門は応募した3名が716日に開催される県大会に出場します。

 

参加者メンバーはヨビリンピックに向けて練習をしてから、ヨビリンピック本番に挑みました。

 

 

ある参加メンバーは「今までやってきた経験が活かせられたらと思っています。自分がどのような評価がされるのかが気になりますが、挑戦する事に意義が有りますし、自分の腕を試すいい機会だと感じています。」と意気込みを聞く事が出来ました。

 

 

県大会に参加するメンバーさんの健闘を祈り、応援していきましょう。

 

続きを読む

岡山ダイハツ様レンタルアート納品に伺いました!

 

こんにちは!またまたインタビュー&ライターろりちゃんです。

 

先日の記事で、レンタルアートが決まった岡山ダイハツ17店舗様に、担当の作家メンバーが訪問したことをお伝えしましたが、

3月28日~30日の3日間で再度訪問し、作品を納品してきました!

 

今回新たに作品を制作した作家も多く、

自分自身で体調をコントロールしスケジュールを調整したり、

要望にしっかりと応えたい!という思いが伝わってきました。

また出来上がった作品を見ると、

レンタルアート作家に自分が選ばれたり、作品が飾られたくさんの方の目に留まるという嬉しさがどこか感じられます。

 

岡山ダイハツ倉敷中島店のレンタルアートを担当した

フィギュアやジオラマなどを制作している造形作家の下村良作さんは

「お店のお客様は若いファミリー層が多く、明るく楽しく優しい作品をとのことだったので、

いつもよりデフォルメした作品にしました。

普段はもっとリアルに作るのでどこまでデフォルメするかが難しかったです。

 また大きい作品になるので、早め早めに動いてスケジュールを調整していました。

 納品に伺った日は店長さん、担当の方以外にも、作品が気になって見に来てくださった店員さんがいらっしゃったり

作品の中にキャンバスという名前のダイハツ車のフィギュアがあるのですが、

 『これはキャンバスですね!』と言っていただき、こだわったポイントが伝わったのが嬉しかったです。」

とインタビューに答えてくれました。

 

また、高野店のレンタルアートを担当した私も

前回ご挨拶に伺った際展示予定のスペースがとても広く、

今までの自分の作品と同じようなA3程度のサイズでは寂しい感じがするだろうなと思い、

始めてF30という90㎝×70㎝程度の大きな作品を制作しました。

大きさに合わせて筆ではなくメイクブラシで絵の具を塗ったり、

別で描いたパーツを背景に貼り付けさらに少し端を浮かせ影を出したり。

制作方法も工夫して作品を完成させました。

納品に伺った日は、

担当の方が「かわいい絵ですねぇ~」と目を細めて言ってくださったことが印象に残っています。

 

今回のレンタルアート17作品は

岡山ダイハツ本社、

本店、玉野紅陽台店、十日市店、高屋店、平島店、中庄店倉敷中島店、鴨方店、

倉敷中央店、吉備路店、水島店、津山店、高野店、赤磐センター、中古車センターでご覧頂けます。

岡山ダイハツのお店に行かれた際は、ぜひ私たちの作品もご覧ください!

 

 

 

 

納品日のようす

 

 

倉敷中島店 下村良作さん

続きを読む

おたくじまん 古本市場中仙道店さんで開始!

 

みなさまこんにちは!ライターろりちゃんです。

 

4月に入り新入生や新社会人かな?と思うような人を見かけたり、

天気も良くてなにか新しいことをしたくなる季節ですよね。

そんな4月からありがとうファームが何を始めたかといいますと…

こちら!!

 

 

続きを読む

2021年受賞したアーティストインタビュー

2021年、アートチームは様々なコンペに挑戦しました。 

今回はかなっぺさん・呉飛瑤さん・HARUMARU♡さんから去年受賞したコンペと一言メッセージを頂きました。

 

続きを読む

ボッチャ岡山県大会にハッピーエンジェルが出場!

 

2022年3月21日、

ボッチャ県大会に我らがハッピーエンジェルから3チーム出場し、

大会全体で見ると、20チームほど参加した非常に賑やかな大会でした。

 

結果は残念ながら、予選敗退という悔しい結果に終わり、ハッピーエンジェルとしての課題が見えた結果となりましたが、

次回予選突破を目指し練習に励んでいます。

 

続きを読む

次世代モビリティ SDGs プロジェクトの発足式レポート

 

2022年3月17日岡山大学にて『次世代モビリティSDGsプロジェクト』の発足式が開催されました。

 

現在、高齢者による痛ましい自動車交通事故が相次いだことが背景にあり、

電動車椅子が高齢者の交通手段として注目されているようですが、

電動車椅子に対しては社会の理解が乏しく、受容性が低いため、普及が十分には進んでいないそうです。

 

高齢者のみならず身体障がい者・視覚障がい者の方・外国人など、

誰もが自由に移動できる未来を実現させるため、電動車椅子の安全性及び魅力の向上を図り、

その普及を推進しようというプロジェクトです。

 

具体的には、誰でも自由に移動出来る未来の実現を目指すプロジェクトで、

電動車椅子『WHILL』をベースに岡山大学DS(デジタルサイエンス)部の学生がAIやセンサー技術を駆使して、

実機を用いた研究開発に取り組み、ありがとうファーム がアイデア創出やモニタリングを行うことで、自動運転化を目指します。

 

電動車椅子『WHILL』にアートコラボをしたら、別角度で面白そうな事が起きそうだなと感じた発足式でした。

 

続きを読む

デザインゴールズ発表会&新作販売会レポート

2022年3月12日、ピュアリティまきびにて、デザインゴールズ発表会が行われました。 

デザインゴールズとは… 『クリエイター(障害のある人)とプロのデザイナー等がチームになって、事業者の商品などのデザインを制作していくものです。デザイナー等はクリエーター(障害のある人)の創造力や個性を生かしながらアイデアを形にしてデザインを制作する事業』のことを言います。 

 

ありがとうファームからは、かなっぺ、水野カスミン、呉飛瑤の3名がクリエイターとして参加しました。 クリエイター3人は商品がより良くなるよう、自分達のアイディアを積極敵に提案しました。 

デザインは岡山情報ビジネス学院の1年生が担当。 先生達からの指導を受け、プロを目指す学生さん達の神経な姿勢に触れる事が出来ました。 

今までやり取りが新型コロナの余波でオンラインでのやり取りだったが故、オフラインでデザイナーと事業者と会うのは初めてだったということで、緊張の面持ちで発表会に参加しましたが、発表会の打ち合わせをして緊張した空気を和らげながら、本番に向かいました。 

本番は各メンバー、自分の言葉で作品及び商品に対する思いを凡そ100名の前で発表しました。 

 

 

翌週の3月19日はハッシュタグ岡山にて新作販売会が開催されました。 

会場設営は事業者を中心にデザイナーとして参加した岡山ビジネス学院の学生さんが手伝い、会場設営を行いました。 

発表会では自分の担当した事業者とデザイナーと関わる機会が無かったのですが、新作発表会では、前回のデザインゴールズで参加した事業所も含めて、他の事業所やデザイナー、主催者そして会場に来たクリエイターと交流出来るのはとても有意義で、興味深いものとなりました。 

 

機会がありましたら、是非次回以降も参加したいなと思いました。 

 

続きを読む

NOBORIオンラインミーティング開催!

NOBORIオンラインミーティング開催!

 

2月22日㈫に、のぼり事業のパートナー事業所との合同ミーティングその名も「NOBORIオンラインミーティング」が開催されました!

 

今回参加してくださったのはこちらの事業所の方々♪

○わかたけ作業所さま(岡山県)

○未来サポートさま(埼玉県)

○シュクレサレさま(大阪府)

○ACT-Rさま(神奈川県)

○ひまわり広島駅さま(広島県)

○ひまわり本通さま(広島県)

 

そしていつものぼり資材をご寄付くださっている、株式会社イタミアートさま(岡山県)をゲストにお招きし、たくさんの方々とご一緒に意見交換をさせていただきました!

 

今回のミーティングの目的は3つ★

①パートナー事業所さま同士の顔合わせ

②ありがとうファームの今年の方針共有

③よりパートナーシップを深めよう!

 

ミーティング内容は弊社メンバーが考案してくれ、いろんな質問や意見をいただいたり、みなさんへのメッセージもお伝えしました(*^^*)

 

他にも、パートナー事業所さま同士、普段どんなことをされているのかを知ることが出来たり

イタミアートさまからののぼりのはぎれが出来るまでを改めて教えていただいたり

取り組まれているSDGsについて教えていただいたり…

1時間という短い時間でしたが、とても濃く盛りだくさんの内容でした!

 

メンバーからも

「他の事業所さんの雰囲気が分かって良かった」

「わきあいあいとした雰囲気でとても良かった。次回はメンバーさんも一緒に」

「緊張したけど言いたい事が言えて良かった」

との感想がありました♪

 

次は他の事業所のメンバーさんとも交流が出来たら良いなと思ってます!

次回以降もご期待ください★

続きを読む

「ドクトクナドグウART展」はじまりました!

 

 

こんにちは!ライターろりちゃんです。

みなさんは日生町にあるBIZEN中南米美術館をご存じですか?

先日私も見学に行ったのですが、展示物や館長さんのユーモア溢れるドクトクな美術館です。

そんなBIZEN中南米美術館でありがとうファームとのコラボレーション展示が始まりました!

 

その名も…

「ドクトクナ ドグウART展」

 

ありがとうファームのアーティスト16名が古代土偶をモチーフに作品を描き、

3月13日まで31点が展示されています。

 

そもそも土偶というと、

ゆるい表情であったり、ちょっと面白い体型をしていたり、

今の私たちから見るとすでに個性的なものばかりですが、

それをありがとうファームアーティストたちの個性や感性、スキルで描いたら…

なんだか想像するだけでワクワクしませんか?

 

また、今回は作品の展示だけではなく、

モデルになった土偶たちも一緒に展示され、

館長さんのくすっと笑ってしまうようなキャプションが付けられています。

ぜひ、訪問の際はキャプションにもご注目ください。

 

さらに、展示作品の人気投票も開催中!

1位に輝いた作品はトートバックに印刷され、グッズとして販売が決まりました!!

一足先に館長賞に輝いた橋本賢二さんの「未来の土偶」はTシャツに、

展示作品の中から選ばれた14作品は2種類に分かれてポストカードになります。

これらのグッズの売り上げの一部はアーティストの収入となり、

障がい者の仕事に対して賃金を支払う、という社会貢献になります。

 

展示初日の2月25日に見学に伺った際には

参加アーティスト数名がNHKの取材を受け、その様子が当日夕方と3月2日の「もぎたて」で放送されました。

 

ドクトクナドグARTたち、

みなさんのお気に入りを探してみてください。

 

 

 

人気投票はこちらから!

 

 

続きを読む

今月のTOYOTA東岡山店マルシェは…!?!?

 

みなさんこんにちは!インタビュー&ライターろりちゃんです。

岡山トヨタ東岡山店さんで毎月開催されている「スマイルマルシェ」

ありがとうファームは今月も雑貨販売、ワークショップの開催と、

さらにクイズ大会をさせて頂きました!

 

参加したマネージャー、桂さん、笠井さんに取材をしていて、

のぼりで編んだあみぐるみを嬉しそうに買ってくれた子がいたり、

バレンタインシーズンということで販売した、カフェメンバーの石井さんが作ったガトーショコラが完売したり。

ほっこりするエピソードが多い中で異彩を放っていたのは、

やはりトガショー、イケピー、馬場ちゃんトリオによる「「クイズ大会」」

2人が「盛り上がってたよねー」と言う表情は単純に楽しそうだった、という雰囲気には思えず、

クイズ大会を行ったメンバー、トガショーにもインタビューをすることにしました。

 

ろり(以下ろ)

 「クイズ大会ってどんな感じでやったん?」

トガショー(以下ト)

 『真のありがとうファームマニアは誰だ!? 第1回SDGsありがとうクイズ大会』ってタイトルで

  ありがとうファームの取り組みについてクイズにしたんよ」

ろ(ありがとうファームマニア…(笑)

 「答え方は〇×とか?」

ト「4択にしとったんやけど、たとえばノボリバッグを触って貰って

 『これは何でできているでしょう?

  1.蜘蛛の糸

  2.のぼりの端材

  3.アルミニウム

  4.イケピーの髪の毛』

  ってやったのは結構盛り上がったなぁ」

ろ(蜘蛛の糸もなかなかだけど、イケピーの髪の毛でバッグ…想像するとちょっとホラーだな)

 「練習とかは結構したんじゃろ?」

ト「いや、ぶつけ本番。でもなかなか上手くできたと思うよ。

  お客さんが盛り上がってくれてうれしかった。

  まぁ主にイケピー節でざわっとした感じやったけどな…(笑)」

ろ「なんとなく、想像できたわ(笑)

  こういうクイズ大会とかを、今後やりたいなーみたいなのある?」

ト「色んな企業のイベントとか、店舗でやりたいなぁ

  それで、もっと俺たちや、ありがとうファームのことを知って貰いてぇなぁ~って。」

ろ「いいねいいね、馬場ちゃんにアピールしとこ。」

 

 

真面目さもありつつ、なかなか濃くて楽しいクイズ大会になったようでした。

 

イベント等を予定されている企業やお店のみなさま、

楽しく笑いながら「こんなSDGsもあるのか」と学べるクイズ大会をさせていただけませんか?

ぜひありがとうファームまでお問い合わせください!

 

 

続きを読む

作家メンバーがダイハツ各店舗様に伺いました。

 

こんにちは!インタビュー&ライターろりちゃんです。

 

突然ですが、今年のありがとうファーム、アトリエのテーマは

「お客様に会いに行こう!」です。

直接お客様と関わって、もっと自分たちのこと知ってもらおう!

「知ることは障がいをなくす」をもっと自分たちでも行動し発信していく取り組みです。

さっそくその取り組みのひとつとして、岡山ダイハツ様の店舗をレンタルアートが決まった各作家が訪問しました。

 

実は私も岡山ダイハツ高野店様に伺ったのですが、

以前からレンタルアートなどのお客様と打ち合わせ等はマネージャーを仲介して、ということが多く

もっと企業の方の要望や意見を直接聞きたい!自分の得意とするものや、作品に込めた思いをアピールしたい!

と考えていました。

今回、私の作品がレンタルされるのが初めてということもあり、

自分でお店に伺ってどんな場所に飾られるのか見たり、お店の方はどんな絵が良いのか直接お聞きできたのは、

これから作品を制作するにあたってより想像を膨らませることができ、制作意欲が湧きました。

 

同行して下さった馬場マネージャは、

自分でヒアリングをしたり、仕事に責任を持っていて「やっぱメンバーすげぇなぁ~」と感じたそうです。

また、直接話すことで双方にSDGsの意識が高まることに期待していました。

 

岡山ダイハツの方も今回の作家が訪問することに関して

既に5点レンタルアートをしているが、全社ではあまり知られていなかったので、

今回17店舗に拡大し作家本人が訪れることによって、より認知度が上がると思う。

と賛同して頂き、実現しました。

 

今後もお客様と直接打合せ等をして、ご要望を聞いたり、私たちを身近に感じて頂けたらなと思います。

 

 

レンタルアートのページはこちら

 

 

続きを読む

後楽館高校さんとボッチャ交流会!

 

みなさんこんにちは!インタビュー&ライターろりちゃんです。

 

1月18日、ありがとうファームのボッチャチーム「ハッピーエンジェル」が

後楽館高校のチームと交流会をしてきました。

いつもはマネージャーにその時の様子などを取材して記事にしているのですが、

今回はちょっと面白い人にもインタビューができました(笑)

どうぞ最後までお付き合いください。

 

ハッピーエンジェルは後楽館高校に招かれ、パラスポーツに興味のある3年生の生徒さん19名とボッチャ交流会をしました。

生徒さん達は今まで自分たちでボッチャをしていたそうで、ルールでよく分からない点があったそうです。

今回ハッピーエンジェルが訪問してレクチャ―したり、一緒にボッチャを楽しんだりしたことで、

ルールやボッチャの楽しさがより分かり、障がいの有無に関わらず楽しめるスポーツだと感じた。

と嬉しい感想を送ってくださいました!

他にも生徒さんひとりひとりが感想を書いて送って下さっています。

 

さて、ここで冒頭のちょっと面白い人へのインタビュー内容なのですが

今回の交流会についてマネージャーの馬場さんにインタビューをしていた際、

馬場ちゃんから「イケピー、ボッチャ交流会どうだった?」と振られた

たまたま近くで皿洗いの仕事をしていたイケピーことハッピーエンジェルリーダー池澤さん。

その日のことを思い出しているのか、にこにこ(ニヤニヤ?)しながら

「そうですね~みなさん喜んでくださいましたね~

 僕は頑張って丁寧に教えたので、丁寧ですね~と言って頂きました。

 みんなで楽しくできたと思いますね~」

とイケピーイントネーションで語ってくれました。

 

ボッチャに興味のある方、そしてイケピーが気になった方、

ハッピーエンジェルとボッチャを楽しんでみませんか?

 

 

ハッピーエンジェルのページはこちら

続きを読む

5W2H行動計画発表会

2022年2月1日、全部署を対象に5W2H行動計画発表会が行われました。 

 

行動計画発表会と言うのは、我が社の年間方針に沿って、各部署がこの1年の行動計画を練り、それを模造紙に書き込んだ上で、他部署のメンバーとマネージャーに発表という形で共有することを言います。 

 

木庭社長は「話し合って決めた事が実際に成果が出て嬉しい。」と話しており、行動計画発表会よりそろそろ2ヶ月が経過しますが、現在の達成具合について尋ねると、飲食チームは全体的に売り上げが向上。

アートチームはレンタルアートが着々と増えており、企業訪問も増えています。 編み物チームはオンラインミーティングも行われています。 各部署、それぞれ精力的に成果を残していると仰られていました。 

 

引き続き、前を向いて一生懸命頑張っていきましょう。 

続きを読む