アーティスト受賞報告 -2022秋冬-

 

みなさんこんにちは!インタビュー&ライターろりちゃんです。

 

今年の秋冬もありがとうファームアーティストたちは大活躍!

今回はその中からそれぞれ大きな賞に選ばれた2名について特集します。

 

 

 

まずはきらぼしアートコンテスト新人賞を受賞した橋本賢二さん。

きらぼしアートコンテストは岡山県内のハンディキャップアーティストを対象としたコンテストで、

選ばれた作品は今回1126日から124日までサンワーク総社にて展示されました。

 

毎年応募作品数が増えるなか、新人賞に輝いた橋本さん。

受賞した作品はゴリラを描いたもので

筆を使わずに描くことで無骨な感じを表現したり、ゴリラの迫力を出したそうです。

 

見た人にどんな風に取ってもらいたいですか?と聞いたところ

「気分が少し落ち込み気味の自分に対して元気づけるために描いたので、

他の人も同じように元気づけられたら。」

と語っていました。

 

今後の意気込みについては、

「受賞を知った時はうれしかった。

 でも受賞は私の場合あまり期待せずに応募しているので、これからも気にせずに描きたい!!」

とのこと。

橋本さんの作品から力強さと暖かさを感じる理由がちょっと分かったような気がしました。

 

 

 

次に、「明日への架け橋」がテーマのデザインアートコンテスト presented by日本電信電話株式会社 グランプリ と

パラリンアート世界大会2022 田尾圭一郎審査員賞 の

2つを受賞したHARUMARU♡さん。

 

 

「明日への架け橋」コンペ グランプリ作品について

「グランプリ…まさか昨年ネット配信で観ていた授賞式の場に自分が立てるとは思いませんでした。

ただ受賞した2作品については何かの賞に引っ掛かるだろうなと言う予感がありました。

ただ創作途中であきらめて放置していた作品に新しい息吹を与えてくれたのは良くも悪くもウクライナ侵攻への反発だったと思います。

技法については基本的にはミリペン画にカラーインクで彩色ですが色々なものを使っています。」

とコメントいただいています。

 

こちらは東京大手町にある日本電信電話株式会社の本社ビルにて

みんなが褒めたたえあうアットホームな雰囲気で授賞式が行われ、

HARUMARU♡さんは堂々とした立ち振る舞いで作品に込められた想いや平和の大切さを語りました。

 

審査員の田尾さんからは、

 「パラグライダーは2人乗りであれば本来は前後に並ぶが、本作品は横に並んでいる。

この2人は“障がい者”といわゆる“健常者”かもしれないし、 “ロシア”と“ウクライナ”かもしれない。

すばらしい意味が込められた作品でした。」

 と絶賛していただいたそうです。

 

 

パラリンアート世界大会2022 田尾圭一郎審査員賞受賞作品については

「当初別の目的で買っていた横長キャンパスに、これで世界大会の作品を描こうと思ったのは思い付きでした。

自分としては珍しくノープランで、女性のヨガポーズを幾つか横中キャンパスに描き込んでいくうちに、中央にトゥクトゥクを置けば面白いと言うアイディアが浮かんで来ました。

技法的にはアクリル画です。」

とのこと。

 

 

今後の意気込みや目標について聞いてみると

「欲を言ったら切りが無いですが、出来れば初のF100号に挑戦し、出来次第では日展に応募してみたいです。

今制作中のパラリンアートカップの『super start』は意欲作なので出来ればグランプリを獲り、授賞式に招待され、祝杯の美酒に酔いしれたいです。取り敢えず東京行きは大きな目標です。

勿論、県展も5年連続入賞・入選しているので、連続記録は伸ばしたいし、運が良ければ、県展賞以上の入賞を果たし授賞式の場に再び立ってみたいです。

結論的に言うと自分が気に入った作品は何かの賞を獲って箔を付けてやりたいと言うのが親心です。」

コメントからHARUMARU♡さんの自分の作品を子供のように愛し、また厳しい眼差しで育てていく制作の様子が思い浮かぶようでした。

 

 

 

ありがとうファームの二大巨塔ともいえるアーティスト、橋本賢二さんとHARUMARU♡さん。

作品が対照的であると同時に制作への向き合い方も対照的でおもしろいなと思いました。

 

今後の活躍にもご期待ください!

 

 

 

 

続きを読む

RSK出店がパワーアップ!

 

みなさんこんにちは!インタビュー&ライターろりちゃんです。

 

以前からビザビさんよりご依頼頂いているRSKハウジングプラザへの出店。

Coco雑貨の販売、アート展示、おもちゃ市、ハブラボワークショップ、ボッチャ体験に加え

今回1112日&13日はつづきのコーヒー&肉まん販売も加わりパワーアップしました!

出店に参加したメンバー・マネージャーにインタビューしてきましたので、

ぜひ最後までお付き合いください!

 

 

まずはおもちゃ市チームから。

こちらはおもちゃの福袋と、おもちゃ詰め放題、射的の出店をしました。

特に人気だったのは射的だったそうで、

中には景品の人気キャラクターのフィギュア欲しさに何度も挑戦する方もいらっしゃったとか。

 

 

Cocoチームは雑貨販売とアート展示。

来てくださったお客様のなかには、

「以前からありがとうファームが気になっていた」「あみものが好き」という親子の方も。

雑貨をたくさん買ってくださり、たくさんお話ができたそうです。

 

 

さて今回初出展、つづきのコーヒー&肉まん販売

接客を担当したメンバーのひとり、ジャンキさんは

「お客さんが肉まんをまとめて5個買って行ってくれたり、

 コーヒーもお湯が足りなくなったりしたぐらいどんどん売れました。

 接客するなかでお客さんとも話しができ、また親子で来ている方も多かったので

 気温は寒かったけれど、ほっこり暖かい気持ちになりました。」

とインタビューに答えてくれました。

 

肉まんをお渡しする係だったにっしーさんは

「お客さんいっぱい来た時はあせったわー」

と言いつつなんだかにこにこしていて、その忙しさを楽しんだのだろうなと感じました。

 

 

 

「私も出店やイベント、また手伝いたいなぁ~」
なんて思ったろりでした。

 

 

 

続きを読む

SDGs体感モニターツアーのお客様がいらっしゃいました!

 

20221214日水曜日、ありがとうファームにSDGs体感モニターツアーのお客様がいらっしゃいました!

 

このツアーでは、SDGs未来都市に選出された岡山市から推薦を受け、ありがとうファームがツアー先のひとつに選ばれました。

 

その目的は…

「県内外からSDGsを学び、体感するため」、

また、特にありがとうファームに関しては、メンバーと交流して、障がい者の真の姿と声を見に来てもらい、『知ることは、障がいを無くす。』を実感してもらいました。

 

ありがとうファームでは、社内見学・ハブラボワークショップ・ミニ白熱トークライブを開催しました。

 

ミニ白熱トークライブの議題は「あなたにとって働くとは?」でした。

特に盛り上がったのは“なんのために働くのか(自分のため?ひとのため?)”というテーマについてだと感じました。

 

出演した筆者は、『偽善的になりたくないので、あくまで自分のために働きます』というようなことを仰っていた方がいらっしゃり、その考えに共感しました。また、立場や信条・環境などによって、考え方が少しずつ変わっていくのは、本当に面白いことと感じました。

 

最後に馬場さんから、意気込みあるコメントが届きましたので掲載させていただきます!

本記事を読んでくださり、ありがとうございました。

 

「今後は、県内外から表町商店街とありがとうファームに実際に足を運んでもらう旅行プランが完成する予定です!

共生社会実現に向けて、メンバーの生き生きと堂々と人生を生きている姿を全国の方々に見てもらいましょう!」

 

 

 

 

それではみなさま、よいお年をお迎えください(^^)

 

続きを読む

ありがとうファームアート仮囲い 倉敷進出!!

 

みなさんこんにちは!インタビュー&ライターろりちゃんです。

 

ありがとうファームアーティストの作品を使った、建設現場などで使用される仮囲い。

前に岡山市内で見かけたよ!という方もいらっしゃるかと思いますが

今回はその仮囲いが倉敷に進出しました!!

 

今度はどこに使われてるの?というところも含めて
今回の記事も最後までお付き合い頂けたらと思います。

 

 

まず1つめは

株式会社ナイカイアーキットさんと三宅建設株式会社さんに設置して頂いている

倉敷天城高校の改修工事現場。

こちらは伊藤士隼さん、かなぴさん、グラさん、りょうさんの4名が採用されました。

天城高校の学生さんや先生方に見ていただけていることと思います。

 

 

2つめはこちらもナイカイアーキットさんに設置して頂いている

エディオン児島店新店舗建設現場。

こちらはRIEさん、りょうさん、私ろりの3名が採用されました。

こちらは場所が駅前ということもあり、通りかかった多くの方が目にするのではないでしょうか?

 

 

仮囲いのデザインを提案した際、ナイカイアーキットの担当者の方からは

「デザイン確認させて頂きました。はっきり言って最高ですね。」

と嬉しいコメントを頂いております。

 

 

ありがとうアーティストの作品を使用した仮囲いは
企業のSDGs活動のPRとしてはもちろん、

現場の雰囲気も明るく楽しくなるものとなっております。

 

気になるな~と思っていただけましたら、ぜひお問い合わせください!

 

 

 

続きを読む

キセキ展レポート

 

11月のコチャエでの「第一回キセキ展」に続き、12月2日〜12月4日に天神山プラザにて「第二回キセキ展」が開催されました。

地域・社会に広くありがとうファームもアートチームの存在を知っていただき、『知ることは、障がいを無くす。』を証明し、正しい共生社会の実現に貢献したい思いから開催されました。

天神プラザでは100展ほどのアートチームをはじめつづきのメンバーの作品も展示されており、アーティストの個性が輝く良い展示になりました。

 

RSK・KSB・NHKの3社から取材に来て頂きました

来場してくださった高校の先生が展示に感動し、高校での出張展覧会が2月に決まりました。

 

KSB

https://news.ksb.co.jp/article/14783068

 

RSK

https://youtu.be/oJgHOvj7iyg

 

NHK 

https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20221205/4020015007.html

 

 

Fey Ng

続きを読む

今年のキセキ展、どんなんじゃろ??

 

こんにちは!ライターろりちゃんです。

今回はみなさまにありがとうファーム作家たちのゲイジュツ祭

「ありがとうファームのキセキ展2022 -こんなんど~じゃろ?-

のお知らせです!

 

昨年開催したコチャエ&ありがとうファーム前路上での第一回「ありがとうファームのキセキ」

今年はパワーアップすると共に「困難に立ち向かったらこんなんできました!」というキャッチコピーのもと

ありがとうファームの作家たちが「こんなんど~じゃろ?」な提案や想いを込めた作品を展示します!

 

実行委員も、昨年より更にしっかりとミーティングをし、計画立てて準備をすすめています。

 

会期・会場は

20221019日(木)~1023日(土) 11001600 コチャエにて  (終了しました)

2022122日(金)~124日(日) 1000~1600 天神山文化プラザにて

入場無料となっております。

 

今年のキセキ展はどんな奇跡を起こし軌跡を残すのでしょうか?

作家たちのこんなんど~じゃろ?…ってどんなんじゃろ??

 

ご来場お待ちしております!!

続きを読む

白熱トークライブ番外編 古本市場さんとのコラボ事業を考えよう

 

こんにちは!ライターろりちゃんです。

毎月第2水曜日にYouTubeライブにて生配信をしている白熱トークライブ

9月は初の番外編!「テイツー×ありがとうファーム 企画会議」

今までとはちょっと違うテーマですが、トークは白熱したのでしょうか?

ぜひ最後までお付き合いください。

 

さて、今回なぜテイツーさんとの企画会議を配信しよう!…なんてことになったのでしょうか?

ありがとうファームはたくさんの企業とコラボ事業をさせて頂いておりますが、その多くはメンバーからのちょっとしたアイディアから始まり実現したものです。

今回はそんなメンバーからのアイディアが事業としてどう実現していくか、プロセスを放送内で再現してみよう!という試みで

白熱トークライブ番外編としてテーマにしました。

 

 

スペシャルゲストは株式会社テイツーの地方創生SDGsマネージャー藤原さん。

その名の通り、テイツーさんの地域の活性化&SDGs活動の指揮をされている方です。

今まで何度もありがとうファームに足を運んでいただいており、おもちゃ市やおたくじまんの打合せをしてきましたが、

今回、白熱トークの配信にもご参加いただきました。

 

 

トークテーマは主に2つ、おたくじまんの改善案・新しいコラボ事業案。

1時間という限られた時間の中、そしてどちらも普段の仕事とは離れた位置にあるテーマで、

出演メンバーたちはいつものようにとはなかなか行かず、時折テーマから脱線してしまったりと苦戦していました。

 

しかし

「アートチームによるPOPを作って置いてもらうのはどうか?」

「おたくじまんを、もっと好きな物を熱く語るコーナーにしてはどうか?」

など

「アイディアの種は多く得られたので、これから磨いて具体的にしていきたいです!」

と司会の馬場さんはコメントしてくれました。

 

 

また、今回メンバーの難波まゆみさん、いけぴーが制作してくれた

「いいね札と白熱札、いい仕事してましたね。」

とメンバー会新委員長の富岡さんからコメントをいただいています。

「いいね」札はもちろん賛同の時に

「白熱」札はちょっと待った!という時に使用するのですが

今回は白熱札のおかげか意見に対しての反論も出て、トークがより白熱したと思います。

 

 

今回の白熱トークの中で出たものや、コラボ事業ミーティングで出たアイディアの種は

テイツーさんとありがとうファームでさらに磨き、コラボ事業として具体化していきます。

 

 

はたして今回の白熱したトークの中から採用されるもが出るのでしょうか!?

 

今後もテイツーさんんとのコラボ事業、そして白熱トークライブにご注目ください。

続きを読む

障がい者ワークフェアにブース出展しました。

 

2022115日土曜日に幕張メッセで開催された「障害者ワークフェア2022」にブース出展してきました。

42回 全国アビリンピック・第60回 技能五輪全国大会と同時開催でした。

 

当日は、アビリンピックや技能五輪全国大会の関係者・出場者の方だけでなく、

障がいを持った方が働くことに関する福祉関係の企業の方も、いらっしゃいました。

 

そのため今回のブース出展の目的は、パートナー企業を増やすためのみならず、情報交換のためでもありました。

 

 

「いちばんカラフルで目立っていたのはありがとうファームのブースかも。」

というコメント通り、ありがとうファームのブースは人目を引いたのでしょうか。

 

沢山の方がブースに訪れてくださり、

ノベルティや「クイズラリー」の景品として配った“のぼりコースター”だけでなく、

“のぼり傘グリップ”なども手にとっていただけました!

 

 

 

ありがとうファームは2022年だけで5回のブース出展を各地で行いました。

 

 

今回の「障害者ワークフェア2022」でスタッフを務めた荒谷さんは、

 

「今回の出展は、物販可能だったもののチャレンジできませんでした。

また、なかなか県外の人にのぼりグッズなどのありがとうファームの商品をお手に取っていただける機会がないので、

来年こそはチャンスを逃さないためにも、物販はじめさらに挑戦をしていきたいです」

 

とコメント。

 

 

 

本年も、沢山の方々との出会いがあり、また、お世話になってまいりました。

そのご縁あってこその挑戦の1年だったと思います。

 

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

続きを読む

全国アビリンピックにありがとうファームが挑戦しました!

 

 

 

20221146日(大会本番は5日)、幕張メッセにて「第42回 全国アビリンピック」が開催されました。

 

この大会に、岡山県予選を勝ち抜いたありがとうファームメンバーが、Excel表計算部門で出場しました!

 

 

 

参加のきっかけは、「自分がどのくらい通用するか知りたかったから。参加できる種目があったから」。

 

 

 

 

彼は、岡山県予選では金賞を受賞しました。

―――しかし、全国大会では結果を残せませんでした。

 

 

 

 

その事実を時折耳にするたび、

筆者は“彼の心は折れていないのだろうか。無理をしていないだろうか…”

内心心配をしていました。

 

 

今回記事を書くにあたり、そのことを思い切って尋ねてみると、

 

「折れてません。

できなかったところや対策すべきところはわかったので。次がありますし、次がだめでも、その次がある」

 

と前向きなコメントを聞くことができました。

 

 

 

また、

 

「障がい者だから出来ないという考えは改めるべきだと思います。

 

障がい者でも能力が高い人はいっぱいいるということを、今回出場して知りました」とも。

 

 

 

 

最後に彼は、「みんなもアビリンピック全国大会を目指してみませんか?」と。

 

一緒に楽しもう!と言いたげな彼の言葉に、筆者もアビリンピックに興味が湧きました。

 

 

続きを読む

大誓文払いおもちゃ市&Cocoイベント開催

 

11月3〜5日、表町では大誓文払いという岡山市を巻き込んだ一大イベントが開催されていました。

ひみつ基地前にておもちゃ市を開催、お客様に楽しんで貰う為、開催された出店ですが、二日間に渡り来て頂いておもちゃの詰め放題をして下ったお客様が居たり、フィギュアくじを何度もしてくださるお客様が居たりと、大盛況でした。

 

Cocoのイベントは普段来て頂いているお客様に感謝の気持ちをお伝えし、お客様の新規獲得を目指し、お客様に楽しんで頂きつつ、またのご来店に繋げる為のイベントでした。

ハッピートランプイベントでトランプを楽しんで頂いたお客様が大勢いらっしゃって非常に盛り上がったイベントだったようです。

 

 

おもちゃ市とCocoのイベントに分かれた接客だったので混雑時の人手が足りず(金銭授受で小銭を全部使いたいというお客様が居たり、ベビーカーで来られたお客様の誘導させてもらわないと行けない状況になったりしたようです)、お客様をお待たせしてしまったり、困らせてしまったりして、人員配置についての課題が浮き彫りになった一面もあったようですが、次回のこう言ったイベントは課題が解決して、より良い接客に繋がるように頑張りたいという声が多く、部署を超えての連携も必要になって来るのではないかと思いました。

唐揚げ定食がリニューアルしました!

 

11月2日より、唐揚げ定食がリニューアルしました。

以前は唐揚げ・ポテトサラダ・キャベツ・ご飯・味噌汁だったのですが、もやしのナムルと卵焼きが仲間入りし、パワーアップしました。

 

卵焼きは卵の甘さが効いた優しい味わい、丁寧に作られており、固まった卵液の層が美しいです。

ナムルは唐辛子の効いた辛めな仕上がりになっています。 一般的にナムルには唐辛子を使わないのですが、唐辛子を使う事で、唐辛子の辛さが定食の全体の味を引き締め、こっこや独自の仕上がりとなっています。

 

一食600円(メンバーは550円)です。

 

 

続きを読む

焼きそばと焼きうどんのMIX焼きが販売開始!

 

10月から焼きうどん屋にて、焼きそばと焼きうどんのMIX焼きが販売開始となりました。

同じメニュー以外に新しく変わった商品でお客様に喜んで頂きたいと開発されたのが『焼きそばと焼きうどんのMIX焼き』です。

一皿で二度美味しく、まるで葛飾北斎と滝沢馬琴が試行錯誤しながら一つの作品を制作し、互いの目的が一致したかの様に、焼きそばと焼きうどんの食感が楽しめる一皿となっています。

一皿490円です。

 

取材担当:Fey Ng

続きを読む

『劇場へ行こう!』レポ

 

9月4日、岡山芸術創造劇場・ハレノワオープン1年前企画『劇場へ行こう!』のイベントが開催されました。

ありがとうファームから4人の俳優陣・グリーンハーツがイベントに参加しました。

岡山駅からハレノワまでの道のり7ヶ所、市民公募で集まったハレノワダンサーズが演出家のしげやんと共にパフォーマンスをしました。

 

『劇場へ行こう!』のテーマソングは「オー・ソレ・ミオ(ナポリ語: 'O sole mio、私の太陽)」で、ハレノワダンサーズが岡山弁歌詞をつけた「ハレノワバージョン」を各会場毎にアレンジしました。 グリーンハーツはロックアレンジでのセッションをし、オリジナルの振り付けでハレノワダンサーズと共にライブを披露し、非常に会場は熱気に包まれました。

 

実はこのイベントで俳優陣として、グリーンハーツとして参加しましたが、寸劇の練習でどうしてもタイミングが揃わず苦労をしたところがあり、共演した生馬選手のスポーツ選手としての力強い振り付けに感動をしました。

グリーンハーツのライブは寸劇の疲労を見せることなくメンバーの皆んなと盛り上がれたのはよかったと思いました。

 

ハレノワのオープンで何かイベントが開催されるのなら、しげやん達と一緒に盛り上げていきたいなと思いました。 2年前私が参加した表町を舞台にしたストリートミュージカルに出た頃のように。

 

取材担当:Fey Ng

続きを読む

アビリンピック出場!7月16日編

 

みなさまこんにちは!インタビュー&ライターろりちゃんです。

 

ありがとうファームのメンバーから

716日に開催された岡山県障がい者技能大会、通称アビリンピックの

ワード・プロセッサ部門に徳光さんと私ろりが、表計算部門に中村さんが初出場しました。

その結果は…ぜひ最後までお付き合いください!

 

 

まず、アビリンピックって何をするの?と思った方も多いのではないでしょうか

障がい者技能大会の名前の通り、障がいを持った人が

接客、縫製、清掃(ビルクリーニング)、機械CAD、電子機器組立、パソコンデータ入力

製品パッキング、オフィスアシスタント、ワード・プロセッサ、表計算

などの部門に分かれ、そのスキルを競います。

金賞、銀賞、銅賞、奨励賞と賞が用意されており、金賞受賞者は秋に行われる全国大会に出場できます。

 

今回の岡山大会では、ありがとうファームクリエイターたちの作品10点の展示と

缶バッチ・塗り絵・くらげモチーフ作りのワークショップも開催しました!

 

 

私たちが出場したワード・プロセッサ部門ではWordを使って画像や図形などを含めた文書を作成します。

過去の問題などで予習をしていたもののそれを上回る難易度で、

今まで使ったことがないような機能を必要とする箇所もあり苦戦を強いられました。

6名で競い合った結果、なんと私が2位で奨励賞を頂きました!

休憩時間中、他の出場者と話していて「難しかった…」とみなさん言っていたので、

結果はどうなるか分からないなと思っていたのですが、その中で自分が受賞できたことにびっくりしました。

 

 

そして表計算部門、こちらはExcelを使い関数を使った入力を行います。

出場した中村さんは普段からネット上でのおたくじまんの予約管理などPCスキルが高いメンバーなのですが

今回もその実力を発揮し、みごと金賞に輝きました!!

アビリンピック初出場のありがとうファームから金賞受賞、全国大会出場の快挙です!

 

中村さんは全国大会に向けて、

「自分は凡ミスもしますし、勘違いもします。

なので、持てる力を全て発揮してもそんなしょうもない所が必ず足を引っ張ります。

読解する段階で意味を履き違えないようにしていった暁には、

華やかな結果が待っていることを信じてこれから対策を練っていきます。」

と取材に答えてくださいました。

 

私たちは全国大会に進出した中村さんを応援するとともに、

来年はさらに良い成績が残せるようスキルを上げていきたいと思います。

 

この記事でアビリンピックに興味がわいてきたな、自分も出場できないかな?と思った方

 

ぜひ来年の大会でお会いしましょう!!

 

 

続きを読む

うさぎやさんとわくわく!コラボレーション

 

みなさんこんにちは!インタビュー&ライターろりちゃんです。

 

楽しさわくわく!文具でわくわく!のCMでおなじみのうさぎやを運営しているクラブンさん。

この度、オリジナルのアートグッズにありがとうファームクリエイターの作品採用と

倉敷店さんではレンタルアート5点の展示が始まりました!

71日のリニューアルオープンでは作品が採用されたメンバーも伺い、それぞれ心がわくわく!してきたようです。

今回はそんな話題をお届けします。

 

 

アートグッズに採用されたのは

橋本賢二さん、KAITOさん、しゃけさん、グラさん。

橋本さんは倉敷店さんで作品の展示もされています。

 

 

倉敷店に伺った橋本さんは

 

「自分の作品が商品になったり、たくさんの人に見てもらえるのが嬉しいです。

今回の商品が色々な人に手に取ってもらえたら、

また自分の作品がもっといろいろな所で使ってもらえたらいいなと思います。」

 

また、マネージャー深谷さんは

 

「みんな自分の作品が実際に商品になって販売されているのを見て

本当に商品になったんだなと実感したり、嬉しそうでした。

うさぎやの担当者の方からも「とても良いグッズになった、アートが素敵で嬉しい」など

ありがとうファームの作品をすごく気に入ってくださっているのが伝わり

クリエイターたちのアート、やはりさすがの作品力だな。と感じました。」

 

とインタビューに答えてくださいました。

 

 

橋本さんらが伺った当日はクラブン株式会社のジョージ社長もいらっしゃり、

直接ご挨拶と記念撮影もさせて頂きました。

貴重なチャンスをいただきありがとうございます。

 

 

クラブンさんとはこれからも多方面でわくわくするコラボレーションできればと思っています!

 

 

続きを読む

夏だ!おもちゃ市だ!

 

202278月、岡山市内各所でおもちゃ市が開かれ、多くのお客様のおかげで、大盛況となりました!

 

第一弾は730日「よりより夜市」(岡山駅前)に出店。

ここでは、金額ごとに並んだフィギュアたちのなかから、

お目当てのフィギュアをゲットしよう!という“フィギュアくじ”が導入されました。

 

続きを読む

JCサマコンに出展しました!

 

202271617日、日本青年会議所(以下JC)主催のサマコンこと「サマーコンファレンス2022」に

ありがとうファームも出展しました!

 

 

続きを読む

集まれ!地球ぼうえい隊@岡山コンベンションセンター

8月1~3日に、岡山コンベンションセンターにて『集まれ!地球ぼうえい隊』というイベントが開催され、ありがとうファームも参加させていただきました!

 

小学生を対象に、地元の企業・高校がワークショップを通してSDGsを楽しみながら学べる企画を多数実施!

ご予約がいっぱいになるほどたくさんのご応募をいただきました。

また、多くの高校生ボランティアの方のご協力もあり、無事にたのしいイベントが実施できました。

 

ありがとうファームが参加させていだたいたのは大きく3つ★

●1~3日実施

ワークショップに参加してくださった子どもたちへのおもちゃ詰め放題イベント「おもちゃ市」!

株式会社テイツーさんよりほぼ無償で寄付していただいた廃棄おもちゃを活用し、詰め放題体験を実施しました。

使わなくなったおもちゃが、新たに使ってもらえる人の手に渡る…これも立派なSDGs!

 

●3日PM実施

廃材活用の自由なアート体験「出張ハブラボ」!

ありがとうファームのメンバーが講師をつとめ、「なにつくる?から始めよう」を合言葉に、廃材をつかって自由な発想で工作を楽しんでもらえるワークショップを実施。

捨てられるはずだった材料たちが、小さなものから大きなものまで、たくさんの素敵な作品に生まれ変わりました♪

 

●3日PM実施

パラスポーツ「ボッチャ体験」!

パラリンピック正式種目にもなっているスポーツ・ボッチャ。

ありがとうファームの誇るボッチャチーム「ハッピーエンジェル」が講師を務め、ミニ交流試合を実施!

大人も子どもも、障がいがあってもなくてもできる!燃える!楽しめる!

ボランティアの学生さんも加わり、盛り上がりました!

 

 

実は去年に引き続き2回目となった今回のイベント。

岡山コンベンションセンター様、お声掛けいただきありがとうございました!!

 

ありがとうファームでは多様なワークショップの開催が可能です!

ぜひお気軽にお問合せください♪

続きを読む

e-sports大会レポ

8月2日、いよいよe-sports大会本戦の日がやってまいりました。

e-sports大会の予選会ではストリートファイター5で使用できるキャラの数に制限が無かったのですが、e-sports大会では使用キャラ制限が付き、今まで以上に丁寧なキャラ対策が必要とされる大会となっていきました。

 

結果は全試合勝利!からの優勝を勝ち取りました!

前回勝てなかったメンバーが最後で勝利の華開いたのが非常に印象的でした。

 

実は記者である私は世界大会などでプレイヤーのファンで絵が描ける人は応援フラッグとして絵を描いてSNSにUPして応援している人がいるので、その人達に習い、私はアートの方で応援と機材貸し出しのサポート役として関わり、共に戦えたのが非常に楽しかったです。アートが精神的支えになったらしく、メンバー達はとても嬉しそうでしたし、他のチームから羨ましがられるシーンもありました。

 

 

参加メンバーのコメントを頂いているので、紹介します。

 

みんなのおかげで勝てました! みんなありがとう‼︎ / ピロシキ

友情・努力・勝利‼︎ / たっくろーに

練習の何割かは力が出せてホッとしました。 / うぇぶ

まさかの全勝でみんなの輝きを感じました / JR

努力=勝利2 / ダイスケ

今日は本当にありがとうございました。 来年も頑張るぞ! / いけぴー

 

 

―シビれたろ?

 これがありがとうファームの力ってやつだ!―

 

続きを読む

蜂屋工業仮囲いシート納品

 

7月20日、蜂谷工業本社に仮囲いシートの納品に行ってきました。

 

森脇さん・カイト・カスミンと難波マネージャーと訪問し、応接室でシートを広げ、一人一人蜂谷工業の方と記念撮影し、各人の作品に込めた想いを伝えてきました。

 

大乢(おおたわ)さんは欠席の為、メッセージを代読、自分の作品を選んで下さったお礼をし「自分の作品が世に出したいということに感謝の気持ちと共に、とても不思議な気持ちです。 また何処かで一緒にお仕事をさせて頂けるよう精進して参ります。」とメッセージを残されていました。

 

 

取材担当:Fey Ng

白熱トークライブが開催されました!

 

 

2022713日、第4回白熱トークライブが開催されました。

 

今回のトークテーマは、

    インクルーシブってどう思う?パート2

    リーダーシップ、フォロワーシップについて考えてみよう!

2点でした。

 

このトークライブの主な目的は、2つあります。

1つ目に「『知ることは障がいを無くす。』の社会への浸透」。

2つ目に、「共生社会の創造を、障がい者の真の声と姿を届け実現に貢献する」があります。

 

また、担当マネージャーの安井さんからは、

「障害者目線の声としてだけではなく、時事・社会問題などをいろいろな視点でトークし、交わされる意見などによって問題意識をもつきっかけになれば」と言う思いも聞くことができました。

 

 

7月の白熱トークライブでは、“白熱フリップ”の導入という新しい取り組みもはじまり、ステージのメンバーだけでなく会場からの意見・参加も活発に。

 

続きを読む

高橋工務店さんに工事看板をご購入いただきました!

 

みなさんこんにちは!ライターろりちゃんです。

 

みなさんはありがとうファームのアーティスト堀本健嗣さんの作品

猫元猫江たちを使った工事看板をご存じですか?

 

知らない方のために…

こんな工事看板です!!

 

 

続きを読む

岡山中金ユース会議50周年式典でグリーンハーツライブ!

 

みなさんこんにちは!ライターろりちゃんです。

 

67日、グリーンハーツは商工中金岡山支店さんにご依頼いただき、

プラザホテルで行われた「岡山中金ユース会議 設立50周年記念式典」にてライブをしてきました。

 

ちょうどこの日は前日に会長の訃報がメンバーに伝えられた日で、

グリーンハーツの一員である私は「みんな大丈夫かな…」と心配でもありました。

 

しかし、集合してみると誰も悲しかったり辛いといった顔をしているメンバーはいませんでした。

本番も、頂いた時間を力強く笑顔で、全力で歌いました。

会長に安心して見守ってもらえるように、そして会場の皆様に楽しんでもらえるように。

そう思っていたのは私だけではなかったと思います。

 

歌唱中、笑顔で手拍子をしてくださる方はどんどんと増えていき、

最後の日曜日よりの使者を歌い終わった時は全員からの拍手をいただきました。

 

また、全曲歌い終わった後にアンコールをいただき、

拍手の中「よし、リンダでいこう!」と急遽決定。

予想外の出来事も楽しんで歌い切ったグリーンハーツ、

成長したなぁとステージの端でキーボードを弾きながら感じていました。

 

グリーンハーツはこれからも

 

「愛」と「勇気」と「感動」を届けるため歌います!!

 

 

続きを読む

クックチャムさんで配布のノベルティを制作!

 

こんにちは!インタビュー&ライターろりちゃんです。

 

突然ですが、みなさんは「クック・チャム」さんというお惣菜屋さんはご存じですか?

ありがとうファームとも縁が深いので「聞いたことあるなぁ」という方もいらっしゃるかと思います。

 

毎年周年記念のノベルティをありがとうファームに発注してくださるクック・チャム岡山目黒店さん。

そんなクック・チャム岡山目黒店さんの開店20周年記念ノベルティとして

委員長が生み出したキャラクター「たかし」をプリントしたランチバッグ120個と

果実工房さんとのコラボレーションで販売されているお菓子3点セット140セットが

528日に配布されました。

 

たかしランチバッグはシルクスクリーンという方法で、メンバー3名が1つ1つ手作業でプリントしました。

その中の1人、難波さんは

「集中して作業していると職人の仕事のような感じがして、こういう仕事もいいいね。と3人で話しました。

 仕上がった120個のランチバッグを並べてみると達成感を感じるとともに、

 擦れている所などそれぞれ違う特徴があり面白かったです。」

とインタビューに答えてくれました。

 

お菓子セットは果実グミ2種とデコボコショコラ1種の3点セットで

果実グミには堀本健嗣さんの作品、デコボコショコラには文屋優介さんの作品があしらわれています。

こちらのお菓子セットはCocoチームのメンバーが手際よくラッピングしてくれました。

 

また、このノベルティーにはありがとうファームクリエイターのAIさんがデザインしたタグが付いており、

AIさん自身も当日クック・チャムさんにご挨拶に伺いました。

自身の作品が実際に使われている様子を嬉しそうに見ていたそうです。

 

また、ノベルティを受け取って頂いたお客様にも喜んでいただき、

事前の告知ポスターを見て足を運んで下さった方もいらっしゃいました。

 

ありがとうファームではノボリを使ったカラフルなバッグや、Iamなどのオシャレなアクセサリーなど、

様々な商品を制作、販売しており、お世話になっている方やお客様へのお礼など、大口の受注も承ります。

また、これらの商品はありがとうファームで働く私たち障がいのあるメンバーの収入に繋がります。

 

「ありがとう」の気持ちと共に社会貢献もできるノベルティ、ちょっと気になりませんか?

 

 

続きを読む

岡山トヨタ新入社員社内研修会

 

6月16日(木)岡山トヨタから、新入社員17名を含む計19名の方々がありがとうファームにいらっしゃいました。

 

 

「岡山トヨタ新入社員社内研修会」と題し、中身は「まるっと1日ありがとうファーム体験ツアー」!

 

会社説明から全部署の見学、ランチにはありがとう飲食グループで食事。

午後からは、ボッチャ体験にハブラボ体験、メンバーとの白熱トーク、ありがとうの職員とトークやディスカッション。

 

はち切れそうなスケジュールに、当日のタイムテーブルも押し気味になったものの、いよいよ終盤の白熱トーク。

筆者もメンバーサイドで参加しました。

 

 

第一印象で驚いたことは、上記のような駆け足・終わりがけにもかかわらず、新入社員の方々の目と表情が明るく元気なことでした。

 

白熱トークが始まりしばらくすると、若々しい意欲に満ちた意見を聞くことができ、こちらも元気をもらえました。

ありがとうございます!

 

 

 

ありがとうファームには、沢山の方が見学にいらっしゃいます。

そんななか一際エネルギーにあふれた、記憶に焼き付く岡山トヨタの社員の方々でした。

また機会がありましたら、是非ありがとうファームにいらしてください!

 

続きを読む

eスポーツ社内予選会を開催しました!

 

 

 

今年もとある団体が主催するeスポーツの大会の季節がやってきました。

eスポーツとは何かと言うと、去年の記事を引用になってしまいますが…

eスポーツとは、『エレクトロニック・スポーツ』の略称であり、広義には電子機器を用いて行う娯楽・競技・スポーツ全般を指す言葉です。 つまりコンピューターゲーム(或いはビデオゲーム)を用いた対戦をスポーツ競技として捉える際の名称の事を言います。

その歴史を紐解くと、1980年代にコンピューターゲームが誕生し、数多くの大会が開催されていたそうです。

1990年代の日本は空前の格闘ゲームがブームになり、欧米ではゲームプレイヤーのプロ化の流れが出来て行きました。

2000年ごろにeスポーツという言葉が使われ始め、インターネットの普及を皮切りに各国でゲームのスポーツ化が加速し、大きな世界大会が各国で開催され、現在に至っています。”

 

 

今回は前回の大会よりエントリーしたチームが9チームと増加し、3チームごとの予選リーグ戦を行い、

予選トップのチームが決勝リーグに進むと言うルールの為、チーム人数が6人から5人に減り、より熾烈な社内予選会となりました。

社内予選会のルールは

・参加者全員の総当たりリーグ戦

・2先(3回試合をし、二本先取した方がその試合の勝者となるルール)制

・対戦時のキャラ変更可(但し、試合中のキャラ変更は不可)

・勝利数が同列の場合ラウンド先取取得数で順位が決定

と言うルールの中、7人の参加者はチームに入るため5人の席を狙う為に熾烈な戦いに身を置くことになりました。

 

 

前回のeスポーツ大会の選抜されたメンバーとほぼ変わらないメンバーとなりました。

私は前回のeスポーツ大会の選抜メンバー(今年は一身上の都合で棄権し、サポートに回っています)の所感ですが、

前回より非常に安定した立ち回り、丁寧なコンボと必殺技の繋げ方、

試合はコントローラーを使っているメンバーが多い中、一部メンバーはアケコン(アーケードコントローラーの略称で、アーケードマシーンと同じような感覚で操作できる、家庭用ゲームコントローラー)を扱う人もいて、

選抜メンバーに入ったメンバーとそうでもなかったメンバーもeスポーツへの情熱が感じられ、今回の大会本番が非常に楽しみなチームができたように思いました。

 

 

チームに選ばれたメンバーよりそれぞれメッセージを預かっていますので、紹介します。

 

前回もやっているアドバンテージと練習も有り、もっと練習をして自信を持って勝ちに行きました。

プロの試合を見たり、研究して、ありがとうファーム一のストリートファイター愛で勝てました!」 ダイスケさん

 

課題の多さを再実感しました。大会までにしっかりと向上していきたいです。」 ピロシキさん

 

まだまだ色々向上しないと… 本番までに頑張ります!」 webさん

 

久しぶりの格ゲーで緊張しました。 昔取った杵柄で代表入りしたので、真面目に練習しようと思います。」 JRさん

 

 

ー来いよ! 熱くさせてやるぜ!ー

 

 

 

続きを読む

【訃報】創業者・木庭寛樹が逝去いたしました。

 

株式会社ありがとうファーム創業者・木庭寛樹はかねてより病気療養中のところ、2022年6月3日0時40分に逝去いたしました。

 

木庭は、人が支えあい共に生き、文化が育つ街になっていくことを心から願って活動して参りました。

ありがとうファーム一同、意志を引き継ぎますます精進して参りますのでこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

生前中のご厚誼に深く感謝申し上げます。

 

 

また、葬儀の翌日にありがとうファームの臨時全体ミーティングを開催いたしました。

会長が亡くなった事をありがとうファームで働く障がいを持ったメンバーたちに伝えました。

メンバーたちも会長に対する感謝の想いを自分の言葉で発表する事ができました。

 

皆悲しんでいましたが、

会長からもらった沢山の贈り物を大切にしよう。

理念・使命を忘れず、毎日を一生懸命生きよう。

全国の障がいを持った当事者、支援者、家族を活動を通して勇気づけよう。

みんなで理念に向かっていくと、会長と永遠の約束をしよう。

とありがとうファーム120人で誓い合いました。

 

励ましとお悔やみの言葉をいただき、本当にありがとうございました。

天国の会長に恥じないように、これからもありがとうファーム一丸となって頑張って参ります。

 

今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

(ミーティングの録画です。よろしければぜひご覧ください。)

続きを読む

飲食チーム新メニュー特集

 

 

飲食チームより、新メニュー特集です。

 

続きを読む

たんぽぽの家の方が見学にいらっしゃいました!

 

2022年5月26日、たんぽぽの家の方が、ありがとうファームのアーティスト活動を見学にお越しになられました。

たんぽぽの家はさまざまな福祉事業を展開されている、奈良県などで活動されている団体で、

今回はその事業の一つである就労継続支援B型事業所のお二方がいらっしゃいました!

 

お越しになられた目的は、見学だけではありません。

 

7月にたんぽぽの家の企画で岐阜県で開催される「エイブル・アート展 ーアートの奥行きー」に、

ありがとうファームの仲間である伊藤士隼さんの作品が100人以上のなかから選ばれ、

展示作品を取りに来るためでもありました。

 

 

見学の案内役をした深谷さんによると、

「ありがとうファームのアートのバリエーションの多さ、また、地域の一員としてのあり方に感激しました!」

と感想があったとのことでした。

 

以前にも増して沢山の方がありがとうファームに来訪され、多くの方の心を動かしていることを感じます。

これからも「知ることは障がいを無くす。」を、アートをはじめとし、表現していきたいと思います!

 

▽「エイブル・アート展 ーアートの奥行きー」の詳細はこちら▽

https://tanpop/onoye.org/news/general/2022/05/052314786

 

▽たんぽぽの家のホームページはこちら▽

https://tanpoponoye.org/

 

続きを読む

宮下純郎e展 開催

 

こんにちは!ライターろりちゃんです。

 

ありがとうファームのクリエイターたちがとてもお世話になってきた

宮下純郎先生の絵画展が、525日から31日までKOTYAEにて開催されます。

 

宮下先生は、現・京都市立芸術大学を卒業後、

映画製作や広告デザイン、芸術の専門学校設立や短期大学講師など

県内外の美術分野で多彩に活躍された方です。

 

ありがとうファームができた2014年から昨年の冬まで

アートチームメンバーに様々なアドバイスをいただきました。

 

私もそのアドバイスを頂いたメンバーの1人なのですが、

技法や具体的なアドバイスも沢山いただいたなかで、

「いいね、この絵は楽しいね。」

とよく言ってくださったのが特に印象に残っています。

 

そんな宮下先生は会期中毎日、午後1時~4時の間在廊される予定です。

先生のイマジネーションから生まれた、様々解釈ができそうな作品たち。

ぜひ作品の解説や思いを聞いてみたいですね。

 

 

宮下純郎e

 

2022525日(水)~531日(火)

AM11:00~PM4:00

PM100PM4:00在廊予定)

 

KOTYAEにて開催

岡山市北区表町3-5-19

 

〇お問い合わせ先

ありがとうファーム

086-953-4446

 

 

続きを読む